さくら結婚式~観光さくらウエディング~

今年も高田城(高田公園)4000本の桜の下で人前結婚式がとり行なわれました。
桜が満開の季節に生まれた新婦。残念ながら桜の開花は間に合いませんでしたが、憧れていた桜の下で結婚式の願いが叶いました。 2006年4月9日


新婦のドレスは、ご自分の西陣織の帯から手作りした和風ドレス。
色はもちろん「桜色」です。
周りがライトアップされ始めた夕方、人力車で会場へ向かいます。


お二人の友人、お姉さんの付き添いを頂いて。


お二人らしい『誓いの言葉』
新郎:「床みがきをがんばります」
新婦:「ケンカをしてもお弁当は必ず作ります」

『契りの盃』今日から共に歩んでいく決意を交わして頂きました。


「桜を守り続けよう。美しさを伝えていきたい。」というライトオブ上越主催の『キャンドルライト』に永遠の愛を誓い点灯。カップには二人の思いや、家族友人からのお祝いのメッセージも添えられました。
会場の周りには、そのキャンドルの幻想的な灯りがともされました。


ご友人達、お姉さんからもお祝いのメッセージ。
和太鼓奏者、郷戸了(ごうどりょう)さんの祝い太鼓で祝福を頂きました。


振る舞い菓子「金平糖」を参列の皆様に。

大好きな桜が見守る高田公園へことあるごとに訪れ、「ここからスタートしたね」と、お二人そして家族の絆を深めて欲しいですね。きっと桜もお二人のこれからの人生を応援してくれるでしょう。(内山)

高田城百万人観桜会での【結婚式】にご興味のある方は、お気軽にJプロモーションまでお問い合わせください。
TEL 025-522-6510 / E-mail info@j-promotion.net